トップ古代史 > 古墳時代 

大和朝廷と古墳時代

古墳時代とは…? 3世紀半ば頃〜6世紀末頃(7世紀あるいは8世紀までという説も)
古墳(小山状の墓=墳墓)が日本列島の広い範囲に渡って出現した時代のことである。

弥生時代から何故古墳を作れる程の強い力を持つ集団が現れたのか??を少しまとめてみよう。

弥生時代・・・農業効率を上げたり戦を有利にさせたりするのに鉄資源が必要になる
(鉄資源は主に朝鮮半島南部から入手)

      

(交渉を有利にするために)
相手から認められるだけの地位      
時には武力(=軍のようなもの)        
鉄と交換するためのモノ(翡翠など?)

これらが、朝鮮半島と交流しやすい山陰に集まるようになる


  結果、山陰で

「力を持っている」という証拠にもなる大規模な古墳の出現
外交・軍事を含む『政治組織』の芽生え
更にその後

山陰の有力者を近畿の有力者ら(後の大王?)が取り込んだ可能性
(ハッキリとは分かっていないが、『出雲の国譲り』の神話として残っている)



この近畿地方、特に大和(奈良県)で多くの古墳が集中して見つかっていることから、この場所に強い政治組織が作られたと考えられている。 この政治組織をヤマト政権と呼ぶ。

古墳について

古墳の特徴から大体3つの時期に分類されるので、まとめてみる。

【出現当初(3世紀半ば〜4世紀頃)】

形状と大きさ・・・円墳方墳(大規模なものは前方後円墳
埋葬施設・・・竪穴式石室に木棺や石棺を納めたもの
副葬品・・・三角縁神獣鏡、碧玉製の腕輪など宗教的・呪教的性格の強い物
      ⇒ 葬られていた人は司祭者的な立場??
その他・・・古墳の上に円筒埴輪家形埴輪器材埴輪などの埴輪が並べられる


【古墳時代中期(4〜5世紀頃)】
前期の特徴を引き継ぎつつ・・・
形状と大きさ・・・古墳時代を通じて最大規模の古墳が出現
  ■ 大阪府・大仙陵古墳(仁徳天皇稜)
  ■ 大阪府・誉田御廟山古墳(応神天皇稜)
副葬品・・・武器や馬具の割合↑↑
       ⇒倭国と高句麗との戦があったと考えられている時期
          (高句麗(現吉林省)の広開土王碑に戦闘があった事を示唆)
その他・・・群馬、京都北部、岡山、宮崎にも前方後円墳


【古墳時代後期(6世紀頃〜)】
中期の特徴を引き継ぎつつ・・・
形状と大きさ・・・
  ■ 各地で小型古墳が増加 = 小型古墳は有力農民のもの?
  ■ 巨大古墳が見られなくなる
埋葬施設・・・横穴式石室(朝鮮半島と共通)
副葬品・・・形象埴輪(人物や動物埴輪など)
その他・・・
  ■ 墓室に壁画を持つ装飾古墳が見られるようになる
  ■ 5世紀後半頃より朝鮮半島南部でも前方後円墳が発見

大和政権について

【古墳の移り変わりからわかること】

初期から中期にかけて・・・各地の豪族が連合する支配体制
後期以降・・・大王が権力↑↑で地方豪族を服属させる形へ移行
             小型古墳の増加は新興勢力を支配下に置いた結果?

【ヤマト政権の内政】 ヤマト政権の内政の中核を担う制度=氏姓制度ブログ参照)
氏(うじ)=血縁関係を基本とした組織
姓(かばね)=ヤマト政権に服属した証である称号
  ■ 臣(おみ) :畿内の有力豪族(葛城/蘇我)
  ■ 連(むらじ):職業・職能を通じて大王を補佐した豪族(大伴/物部/中臣)
中でも政治の中枢を担っていたのは、臣・連の代表である大臣(おおおみ)と大連(おおむらじ)
地方豪族の姓 : 君(有力豪族)・直(一般豪族)

     

メモ

 古墳の副葬品
三角縁神獣鏡


円筒埴輪

大阪府立近つ飛鳥博物館より

家形埴輪


器材埴輪

船形埴輪、他にも武器など含む

形象埴輪

武装男子立像、他にも馬や猪など

参考書籍


日本の歴史「列島創世記」


日本と朝鮮半島2000年 上


人類誕生から大和朝廷までの700万年史

 メモ

 古墳について
円墳
全国各地でみられ、小〜中規模で(上から見ると)円形の墳墓。円墳で最も大きなものは丸墓山古墳。

方墳
上から見ると、方形の古墳(ピラミッドのような形も方墳に含まれる)。

前方後円墳
上から見ると、円形と方形の墳丘を組み合わせた形。岩手県から鹿児島まで、さらに朝鮮半島南部でも発見。 最大のものは大仙陵古墳(仁徳天皇稜)。

双方中円墳 円形の墳丘の両側に方形の突出部。古墳時代前期に見られることが多い。 楯築遺跡や櫛山古墳など。 写真は櫛山古墳

双方中方墳
全国的にも珍しい形状の古墳。写真は明合古墳です。見えにくいですが、四角い丘墓から両側に方形の突出部があります。

帆立貝式古墳
前方後円墳の前方が小さな古墳

naverまとめより

八角墳
古墳時代終末期に作られた


 古墳はどうして作られた?
実をいうと、古墳を作るのは「農業推進」の公共事業としての一面も垣間見える。

古墳の形を見てほしい。大きな盛り土によって作られているのが分かる。

土を集めるという事=周りの土地から土を掘り起こすという事でもある。当然、周りには堀ができる。

雨が降ればどうなるか?水が溜まる。この水を農業用水として利用することができるようになるため、作る方も積極的に参加したという人もいる。


 相手から認められる地位?
倭国の漢への朝貢は、朝鮮半島南部において優位に立つためという目的も持つ。朝鮮半島は鉄の輸入源。


 なぜ山陰に集まったの?
朝鮮半島と交流しやすい場所は九州北部や山陰地方。 だが、交渉の材料になりやすい翡翠は糸魚川(新潟県)周辺で採れるものが最も質が高く、九州北部よりも山陰に集まりやすい。

更に弥生時代の一時期、鉄具が九州以外からほぼ消えていたことから、近畿・山陰の有力者を危険視していたのでは?という見方もある。

⇒(推測)農業効率を高める鉄具を流さないことで、山陰や近畿の有力者たちが協力するようになった??

あるいは、近畿の有力者が北九州から鉄が流れて来ないことに危機感を感じて、山陰を攻めた??